北原みのり「逮捕する必要、あるの?」

ニッポン スッポンポンNEO

マイナンバー

2015/05/22 11:30

 今回警察は、「証拠隠滅のおそれ」があると考えて86歳女性を逮捕したのだろうが、逮捕前に彼女と警察の間にどんな話し合いがあっただろうか。突然の逮捕だとしたら、女性は、どれほど怖く、心細い思いをしたことだろう。

 それにしても、逮捕される者へのメディアの扱いは本当にひどい。彼女がこれからの人生を安心して生活する環境を根こそぎ奪うカメラに、躊躇(ちゅうちょ)はみえなかった。彼女の家を覗き見するような報道は手慣れたもので、それがまるで報道の自由/権利とでもいうようであった。

 私自身、逮捕を経験しなければ、このニュースを気に留めなかったかもしれない。でも、絶対に間違いを認めない警察の強権、メディアの傲慢と怠慢を身体ごと知った上でこの逮捕を見ると、あまりにも気分が悪くなり、そしてこの国を怖いと思った。

 女性は両親の死亡届は役所に提出していた。ただ行政どうしの横のつながりがないため、年金機構にも死亡届を出さなければいけなかった。うがった見方だが、今年10月から施行されるマイナンバー制、いわゆる「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号」ができたら、きっとこんな“間違い”は起きないのだろうね、と思う。

 どんなズルも許さないシステムの確立よりも、私は多少の間違いがあっても、86歳の女性を拘束することへの躊躇、一個人にカメラを向けることの暴力への嫌悪、そんなことにセンシティブになる社会の方が生きやすいように思う。

 管理される「物」のように私たちが息を潜めてしまう前に、私たちが取り戻さなくてはいけないのは、想像力だ。

週刊朝日 2015年5月29日号

北原みのり

北原みのり

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。女性のためのセクシュアルグッズショップ「ラブピースクラブ」、シスターフッド出版社「アジュマブックス」の代表

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • 北原みのり「なぜ私は逮捕されたの?」
    筆者の顔写真

    北原みのり

    北原みのり「なぜ私は逮捕されたの?」

    週刊朝日

    3/12

    接見禁止、窓なし独房 籠池夫妻の長すぎる勾留に元裁判官も疑問視

    接見禁止、窓なし独房 籠池夫妻の長すぎる勾留に元裁判官も疑問視

    週刊朝日

    12/6

  • ゴーン前会長4回目逮捕は“口封じ”? 背景に日産・ルノー連合の影

    ゴーン前会長4回目逮捕は“口封じ”? 背景に日産・ルノー連合の影

    週刊朝日

    4/10

    レイ・J、性的暴行他の軽犯罪で告発される

    レイ・J、性的暴行他の軽犯罪で告発される

    Billboard JAPAN

    7/23

  • 「ヒモ」願望から9人殺害へ SNSにひそむ卑劣な悪意

    「ヒモ」願望から9人殺害へ SNSにひそむ卑劣な悪意

    週刊朝日

    5/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す