田原総一朗「メルケル首相のロシア訪問に外交の神髄を見た」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗「メルケル首相のロシア訪問に外交の神髄を見た」

連載「ギロン堂」

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本も見習うべき?

日本も見習うべき?

 また、中国は南・東シナ海で強引な海洋進出を続けていて、特に南シナ海で一方的に埋め立てを進めているのは、力による“法の支配”の無視である。

 中ロ両国が周辺国に対して力まかせの行動をとり続けているのは、国内の問題を抑え込むためという面もあるだろうが、戦後秩序を破壊する行為とみるほかない。日米やヨーロッパの大半の国々の首脳が式典への出席を見送ったのは、当然である。

 しかも、この日はモスクワで大軍事パレードが実施された。将兵約1万6千人と、190両の戦車・軍用車、140機の軍用機が参加。過去最大の規模となり、複数の核弾頭搭載が可能な最新の大陸間弾道ミサイル(ICBM)も登場した。

 読売新聞は「東西冷戦下を彷彿とさせる挑発的な演出」だと書いた。朝日新聞も「冷戦後、ロシアは一時、米欧との協調に動いたが、プーチン氏のもとでソ連型政策への後退が進んでいる」と批判した。私も、両紙の主張に同調して、中ロのやっていることは歴史に逆行しているととらえた。

 だが、翌10日に、なんと、第2次大戦のロシアの相手国であるドイツのメルケル首相がモスクワを訪問したのである。そして会談に先立って、赤の広場近くにある「無名戦士の墓」を訪ねて、プーチン氏と一緒に、独ソ戦で戦死した旧ソ連軍の兵士のために花をささげた。

 まいったな、と思った。これこそが外交というものだ。

 メルケル、プーチン会談は約3カ月ぶりだったが、会談のテーマはもちろんウクライナ問題であった。会談後、メルケル首相は、2月に発効した停戦合意のもとに和平の実現を目指すことで一致したと語った。メルケル氏はウクライナ問題で実質的にヨーロッパ各国とロシアとの間に立つ交渉役の立場を獲得したことになる。日本も見習わなければならない、とあらためて感じた。

週刊朝日 2015年5月29日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

田原総一朗

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい