自民党内に“反安倍の会” 背後にはアノ古賀誠氏? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

自民党内に“反安倍の会” 背後にはアノ古賀誠氏?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の一連の動きはある人物がウラで指示している、と永田町では囁かれている。元自民党幹事長で宏池会の名誉会長、古賀誠氏(74)だ。

 古賀氏も集団的自衛権の行使容認を進める安倍首相について、「自分が最高責任者だから自分で決めるというのは、愚かな坊ちゃん総理だ」と批判。3月末のテレビ番組では「自民党の先生方、なぜ黙っているんだ」と奮起を促している。

 武井氏は古賀氏の“関与”を否定するが、宏池会の中堅議員は「古賀さんの指示を受けての行動でしょう」と推測する。

「武井、国場は国会議員になる前から、古賀さんに大変世話になっている。宏池会の会長だった大平正芳元首相の墓参りも一緒に行くほどです。大型連休のニュースの少ない絶妙なタイミングで会を発足させたことをみても、古賀さんの指示があったのではないか」

 7日に発足した勉強会だが、入会者は増え、すでに30人を超えた。当初は会の発足を容認した官邸も、警戒を強めているという。

 政治評論家の浅川博忠氏は「官邸側の切り崩し工作が始まる」と指摘する。

「首相にしてみれば、安保関連法案の国会審議が始まるというのに、身内が足を引っ張るなという心境でしょう。今後、あらゆる“脅し”をかけて会を弱体化させるのではないか。一方、古賀氏もそうはさせじと対抗するはずです」

 ようやく声を上げたハト。意地を見せられるか。

(本誌取材班=一原知之、小泉耕平、牧野めぐみ、山岡三恵/今西憲之、黒田 朔)

週刊朝日 2015年5月29日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい