全国“ゆるくない”キャラ図鑑「つたはーん」 蔦監督が着ぐるみで復活 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

全国“ゆるくない”キャラ図鑑「つたはーん」 蔦監督が着ぐるみで復活

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
※イメージ写真

※イメージ写真

 その結果、池高野球部のOBが「凝視できません」と言うほどのソックリ具合になった。当時90代で存命だった奥さんには、「帽子、脱がな(似てるか)わからん」と言われたそうだ。

 蔦監督は、40代以上なら野球に興味がない人でも知っている有名人だが、

「赤ちゃんは泣くし、30代以下は『誰?』と言う。『似てる!』『懐かしい!』と言って寄ってくるのはお父さんたちで、抱きついてくるのはおばちゃんだけ(笑)」

 いまや池田町名誉町民としてすでに「偉人化」してしまったために、奇妙な事態も起こっている。

「今の池高生には、蔦監督のことをよく知らない生徒もいるんですよ。学校の銅像も、二宮金次郎くらいに思ってるみたいなんです」

 かつての猛将は今、若い世代へのアピールもしながら、地域の奉仕作業やイベント、老人ホーム慰問などで、池田に貢献している。

週刊朝日 2015年5月22日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい