原田知世「若い頃はメイクや衣装が鎧のようだった」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

原田知世「若い頃はメイクや衣装が鎧のようだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 デビューから33年経った原田知世さん。確実に時は流れてきたはずなのに、少しも変わらない透明感を前にすると、時間の感覚がよくわからなくなる。

「10代の頃、未来が永遠に続くと思っていました。20代になって、自分のことを客観的に考えるようになり、30代は心身ともに充実した状態で過ごし、40代になって未来は永遠ではないことに気づき……」。ふふふと笑って続けた。「常に今が一番楽しいです」

 女優のイメージが強いが、コンスタントにアルバムを発表し、歌手としても円熟の域に至りつつある。新作のカバーアルバム「恋愛小説」では10曲のラブソングを収録。「演じる自分と歌う自分が、うまく溶け合ってきました」

 人生の目標は「かわいいおばあちゃんになること」。若い頃はメイクや衣装が「鎧(よろい)のようだった」けれど、今は、飾ることなくカメラや観客の前に立てるという。

「若さ、きらめきはなくなっていくけれど、味わいが身についてくれば素敵なことだと思います」

 年齢を重ねることにどこまでもポジティブな姿勢に、うっとりしました。

週刊朝日 2015年5月22日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい