丸山茂樹「タイガー・ウッズ、復調にはまだ遠い」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹「タイガー・ウッズ、復調にはまだ遠い」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
※イメージ

※イメージ

 日本プロゴルフ界の若きエース・松山英樹(23)。プロゴルファーの丸山茂樹は本誌連載で、松山はパットの向上次第でメジャーでの優勝争いもあると分析する。

*  *  *
 この連載もめでたく100回目を迎えました。これからもゴルフはもちろん、ほかの分野についても丸山茂樹らしく、まっすぐに前向きに語っていきたいと思います。

 今回はもちろんマスターズ(4月9~12日、米ジョージア州オーガスタ・ナショナルGC)です。最初に言っておきたいのが、今回はゴルフ場がイージーすぎましたね。もう「パッティング選手権」みたいになっちゃって、パットが入ったもん勝ちの試合でした。

 それにしても一度もトップを譲らない完全優勝を果たした21歳のジョーダン・スピース(米)は立派。さすがパット職人ですね。最終日の18番ホールがボギーで、惜しくも大会史上最多アンダーパーの新記録は逃しましたけど、1997年のタイガー・ウッズ(米)に並ぶ通算18アンダー。去年のマスターズで最終日を首位タイで迎えながら2位に終わった悔しさを、しっかり1年後に晴らしました。

 松山英樹は初日から71、70、70、66で5位。最終日がロリー・マキロイ(英)と並ぶベストスコアだったから、「3日目までがもったいない」と思っちゃいますけど、そんなのみんな同じことで、それが誰でもできるんだったら、みんな優勝しちゃいますからね。英樹は5位に「微妙です」って言ってるそうですけど、最終日の66があって、報われたと思いますよ。

 僕は大会前に「英樹はパット次第」と言ってたんですけど、その通りになりました。米PGAツアーでは「スコアに対するパットの貢献度」を示すデータがあるんですけど、英樹は113位と苦しんでますから。マスターズもパットさえ入ってれば、2位には入ってたでしょうね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい