気づいたら便が漏れていた…「便失禁」の治療法とは

健康

2015/04/25 07:00

 トイレに間に合わず便が漏れてしまう、気づいたら便が漏れていた――高齢者を中心に推計約500万人が悩んでいる便失禁。その治療として、2014年4月に電気刺激を使った仙骨神経刺激療法が保険適用されたことで、社会的認知度と治療の幅が広がった。日本大腸肛門病学会の理事で藤田保健衛生大学病院消化器外科教授の前田耕太郎医師に、便失禁を取り巻く現状と治療について語ってもらった。

あわせて読みたい

  • 便が漏れてしまう患者の悲哀 家族からは「なぜ我慢できないか?」と言われ……

    便が漏れてしまう患者の悲哀 家族からは「なぜ我慢できないか?」と言われ……

    dot.

    9/3

    サインはおなら? “便漏れ”患者は40代以上で推定500万人

    サインはおなら? “便漏れ”患者は40代以上で推定500万人

    週刊朝日

    9/27

  • 知らないうちに便が漏れてしまう「便失禁」 治療できる?

    知らないうちに便が漏れてしまう「便失禁」 治療できる?

    dot.

    9/2

    便秘からなることも! 500万人が悩む「便失禁」とは?

    便秘からなることも! 500万人が悩む「便失禁」とは?

    週刊朝日

    11/14

  • 患者数500万人 便を漏らしてしまう「便失禁」って何?

    患者数500万人 便を漏らしてしまう「便失禁」って何?

    週刊朝日

    4/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す