“悪の親玉”だった? JA全中会長が辞任で守った農村

2015/04/23 07:00

“既得権益の象徴”として叩かれたJA全中の萬歳(ばんざい)章会長(69)。9日に電撃的に辞意を表明し、8月で退任する。だが、萬歳会長は本当に“悪の親玉”なのか。米国の影が透けて見える規制改革に抵抗し、体を張って何を守ろうとしたのか。本誌に語った。

あわせて読みたい

  • 安倍官邸 「准組合員」を人質にゴリ押し農協改革

    安倍官邸 「准組合員」を人質にゴリ押し農協改革

    週刊朝日

    3/17

    農協改革 安倍官邸の狙いは約400兆円の“農協マネー”

    農協改革 安倍官邸の狙いは約400兆円の“農協マネー”

    週刊朝日

    1/30

  • 辞任のJA全中会長 「どうしようもない政治家」に農政危惧

    辞任のJA全中会長 「どうしようもない政治家」に農政危惧

    週刊朝日

    4/23

    多国籍企業が買収? 農協の株式会社化に潜む危険性

    多国籍企業が買収? 農協の株式会社化に潜む危険性

    週刊朝日

    3/17

  • 自民におきゅう 農協改革のあだ討ちで高橋北海道知事に暗雲

    自民におきゅう 農協改革のあだ討ちで高橋北海道知事に暗雲

    週刊朝日

    2/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す