工科大学にも新設 「看護学部」人気の秘密 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

工科大学にも新設 「看護学部」人気の秘密

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 看護を学び、看護師資格の取得をめざす看護系学部は全国で急激に増え続けている。今春だけでも鳥取看護大が新設され、松蔭大、神奈川工科大、新潟青陵大、日本福祉大、同志社女子大などが看護学部を新設するなど、看護系の新設は15大学に及んだ。

 1991年度以後の看護系大学の数と定員数の推移は、きれいな右肩上がりになっている。看護系学部をもつ国内の大学は、91年度にはわずか11校、看護系学部の定員は計558人に過ぎなかった。それが翌92年に看護師の人材確保を促進する法律ができ、「看護系大学の整備・充実を一層推進していく必要がある」(文部科学省)という方針が掲げられて急増。2006年度に定員1万人を超え、今春ついに定員2万人を突破。大学数は241校にもなった。25年で大学数は約22倍、定員は実に約37倍にも増えている。

 こんなハイペースで大学や定員が増えても、看護師をめざす受験生は急増し、志願倍率は同志社女子大で11.4倍、奈良学園大で6倍、北里大で5倍などと高い人気だ。

 看護系大学が人気を集める理由は何だろうか。駿台予備学校進学情報センターの石原賢一・センター長はこう話す。

「受験生にとって、看護師という仕事は身近で、将来こんなふうに人の役に立てるというのがわかりやすい。いま、さまざまな名前の学部ができていますが、多くは学生にとって『今のこの勉強が将来何につながるのか』という学業と就職とのつながりが見えづらい状態にあります。とりあえず大学に入るものの、未来図を描けずにいる学生が多い中で、看護学部は将来像が非常にわかりやすい学部だけに、人気があるのです」

 日本看護連盟会長で、東京医療保健大の草間朋子・副学長は、看護師の就職先の間口の広さを理由に挙げる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加