自衛隊の文民統制崩壊、最大のリスクは安倍首相

安全保障関連法

2015/04/02 07:00

 安全保障関連法案と同様に注目されているのが、自衛隊の文民統制(シビリアンコントロール)にかかわる防衛省設置法の改正だ。防衛官僚(背広組)の優位をやめ、防衛大臣を制服組が直接補佐できるようにする。かつて関東軍が極端な暴走をしたことから出来たものだ。しかし、いまやその統制も利いていないと軍事評論家の田岡俊次(たおか・しゅんじ)氏が語る。

あわせて読みたい

  • 米艦防護を語らぬ安倍首相 安保法初適用

    米艦防護を語らぬ安倍首相 安保法初適用

    AERA

    5/15

    陸自の日報「隠蔽」 日本の文民統制は追い込まれた

    陸自の日報「隠蔽」 日本の文民統制は追い込まれた

    AERA

    4/11

  • 防衛省・自衛隊でスキャンダルが繰り返される理由

    防衛省・自衛隊でスキャンダルが繰り返される理由

    ダイヤモンド・オンライン

    8/21

    「ない」はずだった文書が次々と… 自衛隊が文書を隠すと何がまずいのか?

    「ない」はずだった文書が次々と… 自衛隊が文書を隠すと何がまずいのか?

    AERA

    7/8

  • 稲田防衛相「自衛隊もお願い」発言が自民党誤射

    稲田防衛相「自衛隊もお願い」発言が自民党誤射

    AERA

    7/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す