ホリエモン「任天堂はDeNAを買収すべきだったね」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ホリエモン「任天堂はDeNAを買収すべきだったね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

堀江貴文さん

堀江貴文さん

 3月17日、任天堂とDeNAは業務・資本提携を結んだ。ホリエモンこと堀江貴文氏は、この提携の影響は未知数だと分析する。

*  *  *
 任天堂とDeNAの提携は、ネット・ゲーム業界で非常に大きなニュースとなった。

 今回の提携は、任天堂のウェブ系エンジニア確保のための手段であったという分析があったりして、おおむね好意的に受け止められているようだ。

 スマートフォンゲームやソーシャルゲームでのノウハウがあるDeNAと人気のIP(知的財産=ゲームコンテンツ)を抱える任天堂の提携で大ヒットのスマートフォンゲームアプリが出てくることが期待される。

 これまで任天堂は、自社IPを自社以外のプラットフォームに展開することに対してずっと慎重な姿勢を崩さなかった。今回の提携のきっかけは、DeNAからのアプローチだったらしいのだが、他社からも多数の提案があったはずだ。諦めずにずっとアプローチし続けたことが今回の提携に至った一つの大きな要因だったという。

 しかし、私は両社の提携が本当に期待されているとおりの成果を上げられるかどうか、いくつか懸念点があるとみている。まず株式の持ち合いが、いかにも日本的な提携であることだ。お互いマイナーに株式を持ち合う手法では事業提携の緊張感が薄くて、事業に本気でコミットしてくるのかどうかが心もとない。時価総額を考えれば、DeNAを買収して任天堂傘下にすることで責任の所在をしっかりさせてスマートフォン事業に取り組んだほうがいいと私は考える。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい