田原総一朗「安倍政権は翁長沖縄県知事と基地問題で対話せよ」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗「安倍政権は翁長沖縄県知事と基地問題で対話せよ」

連載「ギロン堂」

このエントリーをはてなブックマークに追加
きちんと対話を…

きちんと対話を…

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設反対を掲げる翁長雄志沖縄県知事との会談を拒み続けている安倍政権。ジャーナリストの田原総一朗氏は、きちんと話し合うべきだと指摘する。

*  *  *
 沖縄県の翁長雄志知事が3月23日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画をめぐって、沖縄防衛局が進めている海底ボーリング調査を含む「海底面の現状を変更する行為」を30日までにすべて停止するように指示したと発表した。移設作業に伴って防衛局が沈めたコンクリートブロックによりサンゴ礁が損傷されていないかを調べる海底調査をするためだという。

 そして翁長知事は、国が停止指示に応じなかった場合について「腹は決まっている。(岩礁破砕の)許可を取り消すことになると思う」と述べた。翁長知事は普天間飛行場の辺野古への移設に反対を掲げて県知事選で当選したのだが、それから4カ月間、具体的な阻止の言動を示していないことで、移設反対派から突き上げられていたのだという情報もある。

 翁長知事の表明に対して、政府は工事を進める姿勢を変えていない。「許可が取り消されれば、法的に争う」と、あくまで工事を進める考え方である。

 政府はコンクリートブロックを沈める作業については、県に事前に確認して了解を取り付けている、と主張する。実は、政府は沖縄県が強く要請している那覇空港第2滑走路建設工事でも辺野古と同様のコンクリートブロックを海底に沈める作業を行っているのだが、県知事はこちらのほうは「停止せよ」と言っていない。政府からすると、知事側は「一方的で遺憾」(菅義偉官房長官の会見での発言)ということになるのだ。

 政府によれば、行政には継続性と公共性が求められる。県と十分に調査したうえで作業を実施しているのであって、翁長知事のやり方は「違法性が重大、かつ明白で無効なもの」(同)ということになるのだろう。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい