藤巻健史「日銀が米国のまねをしたら倒産の危機」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

藤巻健史「日銀が米国のまねをしたら倒産の危機」

連載「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」

FRBのイエレン議長。米国の利上げは6月?9月? (c)朝日新聞社 

FRBのイエレン議長。米国の利上げは6月?9月? (c)朝日新聞社 

 しかし、今回の利上げは、時期以上に、その方法こそが注目なのだ。1メートルの崖の下に降りるのは簡単だ。単に飛び降りればよい。しかし月では、飛び降りようとしても重力が小さいのだから話は別だ。それと同様、異次元の量的緩和というルビコン川を渡った以上、中央銀行は金利を上げるのも下げるのも、昔と同様に簡単ではなくなった。

 以前は、中央銀行が金利を上げようと思えば、銀行間市場に供給している資金量を少し絞ればよかった。

 江戸時代に米価を上げたければ、幕府が武士に渡すコメの量を少し減らせばよかったのと同じだ。しかし、豊作が10年続き、武士、町人、農家の米蔵に米がうなっていれば話は別だ。同じように市中に資金がジャブジャブにあれば、中央銀行が多少資金量を絞っても金利はビタ一文上がらない。

 資金が市中にうなっているこの時期に金利を上げるためにFRBが考えだした方法は、FRBに置いてある民間銀行の当座預金への金利を引き上げていく方法だ。皆さんが民間銀行に預金するがごとく、民間金融機関もFRBに当座預金を置いている。そこに付利する金利を上げていくのだ。

 その金利を1%に引き上げれば市中金利は1%以上になる。民間銀行はFRBに預ければ1%もらえるのだから、それ以下で融資をしたり、他行に貸すことはないからだ。量的緩和の際に利回りの高い米国債やMBS(住宅ローン担保証券)を買ってきたFRBはこの方法を採用できる。

 収入が多いから、当座預金に高い金利を払っても泰然としていられるのだ。

 問題は日銀だ。私が参議院財政金融委員会で質問したところ、2013年度の日銀の保有債券の平均利回りは0.48%だという。今後、年間80兆円ずつ買う長期国債の利回りはさらに低く、平均利回りをグイグイ押し下げていく。

 収入は低い。この状況で、民間銀行に高い金利を払い始めたら、日銀は損失の垂れ流しとなる。債務超過どころか倒産の危機もある。そうなれば円も長期債も株式も大暴落だ。

週刊朝日 2015年4月3日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

藤巻健史

藤巻健史(ふじまき・たけし)/1950年、東京都生まれ。モルガン銀行東京支店長などを務めた。主な著書に「吹けば飛ぶよな日本経済」(朝日新聞出版)、新著「日銀破綻」(幻冬舎)も発売中

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい