ビリギャル「慶應受験はネタ」聖徳太子も“せいとくたこ”と

大学入試

2015/03/20 07:00

 高校2年で学年ビリ、偏差値30弱から、慶應義塾大に合格した“ビリギャル”こと、小林さやかさん。彼女の受験奮闘の様子を描いた本はベストセラーとなり、その本を原作とした映画の公開も迫る。母親とともに綴った新刊も話題だ。その受験生時代を、改めて振り返ってもらった。

あわせて読みたい

  • ビリギャルのモデル・小林さやかが新受験生と浪人生に贈る言葉「『死ぬ気で頑張る』は、人生を変える」

    ビリギャルのモデル・小林さやかが新受験生と浪人生に贈る言葉「『死ぬ気で頑張る』は、人生を変える」

    dot.

    3/28

    小4並の学力 ビリギャルの背中押した「母の封筒の重み」

    小4並の学力 ビリギャルの背中押した「母の封筒の重み」

    AERA

    5/18

  • 学校が大嫌いだった“ビリギャル” 「その後」を描いた自著

    学校が大嫌いだった“ビリギャル” 「その後」を描いた自著

    週刊朝日

    4/24

    聖徳太子を「せいとくたこ」と読んでいたギャルが慶應大学に現役合格

    聖徳太子を「せいとくたこ」と読んでいたギャルが慶應大学に現役合格

    BOOKSTAND

    3/14

  • 早稲田は「雑草の最高峰」慶應は…? SHOWROOM社長とビリギャルが語る魅力

    早稲田は「雑草の最高峰」慶應は…? SHOWROOM社長とビリギャルが語る魅力

    AERA

    9/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す