野田聖子議員・古賀元幹事長が組んで安倍官邸がピリピリ? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

野田聖子議員・古賀元幹事長が組んで安倍官邸がピリピリ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
野田聖子前総務会長 (c)朝日新聞社 

野田聖子前総務会長 (c)朝日新聞社 

 やりたい放題の権力者に、一太刀浴びせることができるのか。

 昨秋の内閣改造・自民党役員人事で総務会長を外れた野田聖子衆院議員(54)。現在は無役で派閥にも属していないが、今年9月の総裁選に意欲を見せている。

 1月の講演で「20人の国会議員に『出てよ』と言われるような議員になりたい」と発言。党大会が開かれた3月8日には「危機的な状況にある日本を支えようとする人であれば、誰でも(出馬を)思う」と前向きな姿勢を示した。

 野田氏は安倍晋三首相と同じ当選8回。首相が強引に進める集団的自衛権の行使容認やアベノミクスについて公然と批判するなど、今や党内で首相にモノを言える数少ない政治家だ。

 親しい国会議員は言う。

「首相の力が増大し、所属議員が意見すら言えない今の自民党に、野田さんは強い危機感を持っています。首相が昨秋の臨時国会で解散・総選挙を決断し、女性活躍推進法案を廃案にしたことにも激怒していた。37歳で郵政大臣に就任し『将来の総理候補』と言われながら、いまだ総裁選に出たことがない。今こそ出番、という気持ちではないか」

 本来、総裁選の半年前ともなれば、複数の候補の名前が取りざたされる。しかし、石破茂地方創生担当相は「首相の下に一致団結することが大事」と1月に不出馬を表明。谷垣禎一幹事長も意欲を見せていない。有力者の相次ぐ“不出馬”が、逆に野田氏への注目を高めている。

 その野田氏を強力に後押しするのが古賀誠元幹事長(74)だ。報道番組などで「首相に意見を言う野田聖子は立派」「総裁選では有力な対抗馬になりうる」と野田氏を持ち上げている。

 古賀氏はリベラル派宏池会(岸田派)の名誉会長。約40人が所属する岸田派にいまだ強い影響力を持つ。本来なら岸田文雄外相を総裁選に担ぎたいが、首相を支える立場にいるため難しい。代わりに長年目をかけている野田氏を出馬させ、右傾化する首相に一矢報いる狙いがあるようだ。

「古賀、野田両氏はよく、都内のホテルで昼食をとっている姿が目撃されています。総裁選に向けた作戦を練っているのではないか」(自民党関係者)

 こうした動きに警戒を強めているのが官邸だ。3月13日には菅義偉官房長官が庭園を備えた日本料理屋に、野田氏を呼び出したという。「接点の少ない2人が会食するのは異例のこと。野田さんが本気で総裁選を考えているのか、探りを入れたのではないか」(官邸関係者)

 安倍独走状態から、にわかに活気づいてきた自民党総裁選。政治評論家の浅川博忠氏はこう見る。

「内閣支持率が40%を超える今の状況では、野田さんに勝ち目はない。ただ総裁選は半年後。経済が失速し再び閣僚に『政治とカネ』の問題などが出た場合、反安倍の動きが強まっていく。いい勝負になる可能性はあります」

 首相が唱える“女性活躍”の到来は近い?

週刊朝日  2015年3月27日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい