48歳キング・カズ ワインレッドのスーツ姿で現る

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

 プロゴルファーの丸山茂樹氏は、プロスポーツ界のベテラン勢の活躍に感嘆しているという。

*  *  *
 いやあ、これがメジャーを3度制した男のすごさなんですね。

 米PGAツアーの「ホンダ・クラシック」(2月26日~3月2日、米フロリダ州・PGAナショナル)で、43歳のパドレイグ・ハリントン(アイルランド)が優勝しました。2008年の「全米プロゴルフ選手権」以来、実に7シーズンぶりとなる米ツアー6勝目。21歳の新鋭ダニエル・バーガー(米)を、プレーオフ2ホール目で振り切っての頂点でした。ハリントンは近年、パターのイップスと闘っていました。長いスランプが続き、最近も出れば予選落ち。それでも、ここ一番のチャンスは逃さなかった。

 プレーオフ2ホール目の17番パー3。最終ラウンドのこのホールで、ハリントンはティーショットをグリーン右の池に落としています。だけど、この正念場ではピン奥1メートルへピタリ。一方のバーガーは池ポチャ。これで勝負あった。

 これがトップ10の常連だった選手の強さですよ。経験の違いをまざまざと見せつけました。いま、ゴルフは圧倒的にバーガーの方がうまいと思うんです。でも土壇場に来たときに、経験値の豊富なベテランが力を発揮する。プレーオフのハリントンには、相手のミスを誘うようなすごみがありました。

 僕とハリントンには、何かと接点があるんです。僕が00年と01年シーズンに米ツアーで回ってたときのキャディーがアイルランド人。彼がハリントンと仲がよくてね。それに二人とも同じトレーナーについていた時期があって。だから結構、話をすることも多かったですよ。数え切れないぐらい一緒にラウンドしましたし。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック