全摘から最小限切除へ 患者数第1位の胃がんに最新手術

がん

2015/03/12 07:00

 日本人がかかるがんの第1位を占める「胃がん」。診断・治療技術の進歩で、半数以上が早期に見つかり完治が望めるようになったが、胃を切除すれば合併症や後遺症に苦しむこともある。新たな手術法で、手術後の生活の質の向上を目指せるようになった。

あわせて読みたい

  • 早期胃がん5年生存率95%以上だからこその問題点とは?

    早期胃がん5年生存率95%以上だからこその問題点とは?

    dot.

    1/5

    【胃がん内視鏡治療】適応は年々拡大 3センチを超える病変でも治療可能なケースも

    【胃がん内視鏡治療】適応は年々拡大 3センチを超える病変でも治療可能なケースも

    dot.

    4/1

  • 手術なしで食道がんが治る? 内視鏡で治療可能なケース

    手術なしで食道がんが治る? 内視鏡で治療可能なケース

    週刊朝日

    3/25

    胃がん根治のために手術で第一に必要なこととは?

    胃がん根治のために手術で第一に必要なこととは?

    週刊朝日

    3/12

  • 【胃がん内視鏡治療】患者はどう治療法を選べばいい? おなかを切らずにがんを取れ切れる?

    【胃がん内視鏡治療】患者はどう治療法を選べばいい? おなかを切らずにがんを取れ切れる?

    dot.

    3/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す