全摘から最小限切除へ 患者数第1位の胃がんに最新手術

がん

2015/03/12 07:00

 日本人がかかるがんの第1位を占める「胃がん」。診断・治療技術の進歩で、半数以上が早期に見つかり完治が望めるようになったが、胃を切除すれば合併症や後遺症に苦しむこともある。新たな手術法で、手術後の生活の質の向上を目指せるようになった。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す