佐々木希「最初は仕事がなかった」やっと“女優”に? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

佐々木希「最初は仕事がなかった」やっと“女優”に?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
映画で女優として成長?(イメージ写真)

映画で女優として成長?(イメージ写真)

 人気モデルとして活躍し、近年は女優としても出演する佐々木希さん。28日には映画「さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~」が公開されるが、この作品で女優としての成長を感じたと、作家・林真理子さんとの対談で明かした。

*  *  *
林:もともと、佐々木さんは超人気モデルさんだったわけですけど、モデルから女優になるっていうと、最初は温かい目では見てくれないんじゃないですか。

佐々木:そうですね。厳しいなと思いました。

林:私はコピーライターから作家になったんですけど、作家って同人誌とか新人賞から入ってくるのがちゃんとしたルートだとされていて、よその業界から来ると、最初はとても冷たく扱われるんですよ。でも、佐々木さんはもうその時期は越しましたよね。

佐々木:そんなことないです。自分で「女優」って言うのもおこがましいと思っているので。私、最初は何もわからないまま、いろいろなお仕事をさせていただいたんです。モデル業もバラエティーも女優業もして、ちょっと歌を出した時期もありまして。ほんとに目まぐるしくいろんなことをしていたんですが、一つのことを突き詰めてないことに気付いて。きちんと向き合おうと。

林:それで女優さんになろうと思ったんですか。

佐々木:女優業を頑張ってみようと思ったんです。なので、最初はぜんぜん仕事がなかったんです。

林:相談相手になってくれる人はいたんですか。

佐々木:事務所には、いっぱい相談に乗ってもらいました。

林:女優業で頑張ろうと決心したのには、悔しい気持ちもあったんですか。

佐々木:悔しいのと申し訳ないのと両方ですね。自分のやりたいことがわからなくて悩んでいる時期があって。ほんとに皆さんに申し訳ないと思ったんですよ。

林:そういう気持ちってすごく大切ですよね。あれだけ人気者になっていたんだから、そのままモデルさんでもよかったかもしれないけど、またひと頑張りしようって素晴らしいです。この映画で賞か何かもらえそうな気がするけど。

佐々木:いえいえ。でも、いままでの映画やドラマでは、「かわいかったよ」という感想が多かったのですが、この映画の試写を見てくれた方からは、「女優としての佐々木希を見た」という感想を何個かいただいたんです。それがすごくうれしくて。役としての私を見てくれたんだなと思って。

週刊朝日 2015年3月6日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい