「イスラム国」事件 一水会代表がヨルダンで目撃した日本政府の無策

イスラム国

2015/02/18 07:00

 新右翼団体「一水会」の木村三浩代表は後藤健二さんが殺害される直前の1月31日、独自の解放交渉をしようとヨルダンに渡っていた。「イスラム国」との窓口となる人物との交渉の中で、日本政府の対応に疑問を持ったという木村氏が激白した。

あわせて読みたい

  • 「イスラム国」事件の政府報告 後藤さん母怒りさめやらず

    「イスラム国」事件の政府報告 後藤さん母怒りさめやらず

    週刊朝日

    5/28

    日本政府の現地対策本部 なぜトルコでなくヨルダンなのか

    日本政府の現地対策本部 なぜトルコでなくヨルダンなのか

    週刊朝日

    2/4

  • IS人質事件 故後藤健二さんの両親が明かす寂しい一周忌

    IS人質事件 故後藤健二さんの両親が明かす寂しい一周忌

    週刊朝日

    12/25

    最強のテロリスト集団「イスラム国」 狙いはカネだったのか、それとも…

    最強のテロリスト集団「イスラム国」 狙いはカネだったのか、それとも…

    週刊朝日

    2/4

  • イスラム国 次々変わる要求の背景に「暴れたい人」?

    イスラム国 次々変わる要求の背景に「暴れたい人」?

    AERA

    2/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す