注目ワード

築地市場   佳子さま   米大統領選   北朝鮮   がん

室井佑月「テロの恐怖を言えない世の中」に疑問

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 2015/2/12 16:00)

 最悪の結果を迎えたイスラム国による邦人人質事件。イスラム国に対し恐怖を覚える事件だが、そう口にできない風潮、そしてそれを生み出した安倍首相とメディアに作家の室井佑月氏は疑問を呈する。

*  *  *
 イスラム国に捕らえられていた湯川遥菜さんも後藤健二さんも殺害されてしまった。二人に対し、「死ね」というようなことをいっていた人たちは、これから先、新たなテロ事件が起きても、「死ね」といえるんだろうか。

 殺されるのが、ビジネスをしに中東へいっていた人であったとしても、旅行先で誘拐された人であったとしても、同じ言葉を吐けるだろうか。

 日本国内でテロが起こって複数の人が巻き込まれたとしても、今度は「死ね」じゃなくて「死んだ」といわれて終わりなんだろうか。

 とりあえず、新たな犠牲者に「死ね」といえる人がいるかどうかは置いといて、今回の事件をきっかけに、あたしたち日本人の身が危なくなったことは事実だろう。

 安倍政権は「卑劣なテロと闘う」といっていた。具体的にどのように闘うのかは今後はっきりしてくるだろうが、今の時点でいえることは一つ。あたしたち国民は「卑劣なテロの恐怖」と闘わなくてはならなくなったみたいだ。恐ろしい。

 こういうことをいうと、「脅しに負けるのか。そういう考えは、イスラム国の思うつぼだ」と非難する人がいる。

 が、脅しに負けるもなにも、どうしたって子供のいるあたしはテロを恐怖してしまう。怖いと思うことを止めよ、といわれても無理がある。

 なんだか世間は、「今、政権批判することは、イスラム国を利するだけ」という風潮だ。なにしろ、メディアが問題の根っこについて、報道しようとしない。

 後藤さんの安否がどうなるかわからないうちは、

「人命優先。今、政権批判している場合ではない」

 そういわれれば納得した。でも、冷静になって考えれば、それも真実とは違う。メディアが恐れているのは、安倍政権だ。だからおかしくなる。そして、世の中に変な空気が作られていく。

 反イスラム国の有志連合との協力に前のめりになっている政府に対し、

(これから先、あたしたちは大丈夫?)

 そう正直に口にすることも躊躇(ためら)われる世の中ってどうなのよ。

 テロは卑劣。そんな当たり前のことを叫んでいれば、卑怯なテロがなくなるならいくらでもそうする。しかし、そんなことはあるまい。

 安倍政権のいう積極的平和主義とは、アメリカの正義に追従して敵と闘うことなのか。だとしたら、アメリカのやっていることはほんとうに正義なのか。イラクの大量破壊兵器はなかったし、アメリカが味方するイスラエルはパレスチナ人を虐殺している。

 安倍さんは「大量破壊兵器がないことを証明できなかったイラクが問題」といい、イスラエルと軍事協力まで約束してしまった(兵器開発についての技術交流などもだよ)。そういったことに対し、メディアはなぜ真正面からぶつかっていかないのだろう。

週刊朝日 2015年2月20日号

トップにもどる 週刊朝日記事一覧


【関連記事】

   イスラム国 , 安倍政権 , 室井佑月 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーシャルメディアでdot.をフォロー