しっぽで子守り “母親業の達人”が佐渡島にいた! 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

しっぽで子守り “母親業の達人”が佐渡島にいた!

このエントリーをはてなブックマークに追加
(c)撮影/岩合光昭 

(c)撮影/岩合光昭 

 動物写真家の岩合光昭さんの、日本全国47都道府県の猫たちを訪ねる旅。今回は、新潟県佐渡島の「猫のしっぽ」。

*  *  *
 右に左に、ゆっくりと思えば、速く動く。猫のしっぽは自由自在だ。

 家の外で日向ぼっこをする猫の親子。母猫はまわりに目を光らせながらも、子猫を遊ばせるためにしっぽを振る。まるで生き物のように動くしっぽに、子猫も夢中になって飛びつく。

 しばらく眺めていると、子だけじゃなく母猫も楽しんでいるように見えてくる。その一方で、変わらず前を見据える瞳は警戒を怠らない。子を守る心と遊び心、猫は母親業の達人なのかもしれない。

【関連リンク】
デジタル岩合 http://www.digitaliwago.com/

週刊朝日  2015年2月6日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい