体傷つかない“ラジオ波”がん治療 専門家が警告

がん

2015/01/04 07:00

 乳房に傷や変形をきたすことなくがんを治せる、ラジオ波などの低侵襲(しんしゅう)治療。患者にとって、その魅力が大きい。しかし、がん研有明病院乳腺センター長の岩瀬拓士医師は「まだ標準治療ではなく、臨床試験中の治療。エビデンスが不十分で課題も多い」と指摘する。

あわせて読みたい

  • 患者が誤解しやすい「がん用語」を医師が解説 標準治療の正しい意味とは?

    患者が誤解しやすい「がん用語」を医師が解説 標準治療の正しい意味とは?

    週刊朝日

    8/8

    【食道がん手術】患者はどう治療法を選べばいい?手術か放射線か? 専門医が解説

    【食道がん手術】患者はどう治療法を選べばいい?手術か放射線か? 専門医が解説

    dot.

    3/12

  • 「しゃべり」も残せる?ワッキーが公表した中咽頭がん 最新の放射線治療の”実力”

    「しゃべり」も残せる?ワッキーが公表した中咽頭がん 最新の放射線治療の”実力”

    dot.

    6/8

    【子宮・卵巣がん手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    【子宮・卵巣がん手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    dot.

    3/24

  • 膵がん 術前治療で長期生存の期待高まる

    膵がん 術前治療で長期生存の期待高まる

    週刊朝日

    4/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す