伝統守る職人 妖怪ウォッチで凧の魅力を伝える

2015/01/01 11:30

「はいできた。差し上げます」。にこりと笑いながら、できたての「ひねりゴマ」を差しだしたのは、江戸独楽師の広井政昭(79)さん。この道60年以上になる。

あわせて読みたい

  • 正月あそび

    正月あそび

    12/26

    12月17~19日は羽子板市(浅草寺境内)。かつて、羽子板市に女性がたくさん集まった理由とは?

    12月17~19日は羽子板市(浅草寺境内)。かつて、羽子板市に女性がたくさん集まった理由とは?

    tenki.jp

    12/10

  • 年の瀬に「羽子板」が縁起ものとして売られる理由
    筆者の顔写真

    鈴子

    年の瀬に「羽子板」が縁起ものとして売られる理由

    dot.

    12/15

    ミッションは「風を捕まえる」 オリジナルのぐにゃぐにゃ凧で風の力を実感
    筆者の顔写真

    山田洋文

    ミッションは「風を捕まえる」 オリジナルのぐにゃぐにゃ凧で風の力を実感

    AERA

    8/9

  • ゴマ油と太白ゴマ油はどう違うの? 世界のゴマ料理って? 知っているようで知らない「ゴマ」のお話

    ゴマ油と太白ゴマ油はどう違うの? 世界のゴマ料理って? 知っているようで知らない「ゴマ」のお話

    tenki.jp

    9/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す