連続不審死「後妻業」事件 千佐子被告 ちゃんぽん食べ、男自慢の後、“完オチ”?

週刊朝日
 結婚、交際した高齢男性が相次いで不審死を遂げた関西の「後妻業」事件。

 夫を青酸化合物で「毒殺」した容疑で逮捕、起訴された、筧(かけひ)千佐子被告(68)がついに容疑を認め、“落ちた”。

 逮捕当初から、千佐子被告は、容疑を否認しながらも、しゃべりまくっていたという。食事にちゃんぽんが出されると、こう喜ぶ。

「うちは九州生まれ、ちゃんぽんは大好き」

 3度の再婚経験談をこう披露する。

「再婚で男が妻に求めるのは、料理と洗濯、そしてセックスなんよ」

 聞かれなくとも、よくしゃべっていたそうだ。

「取り調べが長くなり、疲れていないか、と聞くと、『平気や。何時まででもやってくれ』と笑っていました」(捜査関係者)

 だが、勾留期限が近くなると、京都府警は一気に勝負に出た。

 処分したプランターから発見された青酸化合物の付着した袋が物証となり、千佐子被告は追い詰められた。

「『夫が亡くなったのは私が渡した薬の服用後』と認めました。ただ、青酸化合物を使用したかどうかには言及しない認め方でした。矛盾点をつかれて、最後は苦しくなっていた」(同)

 裁判員裁判対象の事件なので、千佐子被告の取り調べはすべて、録音・録画されている。

「録音・録画を見れば、千佐子被告が自供していることがわかってもらえるはずだ」(同)

(本誌取材班)

週刊朝日 2015年1月2‐9日号

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック