【美意識ある生活】手袋の暖かさとフィット感、両立するのか 「革の手袋」

皮革の特性を知り尽くした加工と縫製の技術が結晶... (11:30)週刊朝日

皮革の特性を知り尽くした加工と縫製の技術が結晶... (11:30)週刊朝日
 週刊朝日で好評連載中の「美意識ある生活」。生活品評論家の東海左由留(とうかい・さゆる)さんが厳選したひと品を紹介している。東海さんは日本とヨーロッパで「生活をより豊かに」をテーマに様々なアイテムやサービス、ライフスタイルを取材。自腹で購入し、時間をかけて使用感を検証している。

 今回は、デンツの革の手袋を紹介する。

【美意識ある生活 他の逸品はこちら】

*  *  *
■手袋の暖かさとフィット感、両立するのか

 使い込んでみないと、本当の良さが見極められないものがある。その一つが革の手袋。暖かさ重視だと、革が厚くなるため指の動きが今ひとつ。指先を使う作業のたびに手袋を脱ぐはめになって面倒だ。かといって、フィット感第一で選ぶと防寒面で満足できなかったりする。また、皮革の特性上、手になじむのに時間が必要だから、試着だけでは判断がつきにくいのも難点。

 暖かさとフィット感を兼ね備え、「選んで良かった!」と毎年ほくそ笑むのが、18世紀に英国で創業した老舗、デンツの手袋だ。私たち夫婦は南米の野生の猪豚の皮革、ペッカリーを愛用。厚みがあるのに柔らかで、見事なカッティングと革の個性に合わせて削り整えるシェービング、指の動きを自在にする手縫いが相まって、バッグのファスナーの開閉など細かい作業も楽々。エレガントさを求めるなら、肌に吸い付くように滑らかなヘアシープ(砂漠地帯に生息する羊の皮革)もおすすめ。


<今日の逸品>
レディース
ペッカリー(コルク/ターコイズ) 5万4000円
ヘアシープ(コニャック/ブラウン) 2万5000円
メンズ
ペッカリー(ダークブラウン ライニングなし) 4万9000円(すべて税別)

問い合わせ先:リーミルズ エージェンシー
※デンツの手袋を購入する

週刊朝日 2014年12月26日号

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック