“オタク”も認める東大ハロプロとは 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“オタク”も認める東大ハロプロとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#東大

 16人の東大女子が、ハロプロアイドルになりきって踊る。それが、東大ハロプロ同好会だ。

 モーニング娘。など、つんく♂プロデュースのアイドルユニットの総称「ハロー!プロジェクト」のコピーダンスをするユニットで、約1年前に結成された。基本的に口パク、曲に合わせ、同じ振り付けで踊る。半数が4年生で、文学部に法学部、工学部、医学部もいる。

 11月22日と24日の2日間、東大駒場祭の野外ステージに、ハロプロ同好会が登場した。

 22日のステージは、℃-uteの「都会っ子 純情」から始まり、30分間14曲。矢継ぎ早に流れる曲に合わせて、メンバーが次々入れ替わって踊る。

「LOVEマシーン」など有名な曲も流れ、観客たちから曲に合わせて「オイ!オイ!」と、かけ声がかかり、「○○○~!」とメンバーの名前を叫ぶ声もあがる。もっとゆるい感じかと思っていたら、かなり本気度が高い。歌ってないけど、ホンモノみたいに見えてくる。写真や動画を撮影する人や、どう見ても学生ではない世代も目立つ。

「ダンス、キレキレだな」「選曲のセンスがけっこういいよ」という“講評”が耳に飛び込んできた。厳しいお眼鏡にかなったらしい。

 同好会リーダーの4年生、山下結花さんは、

「ハロコン(ハロプロのコンサート)の空気に近づける見せ方を研究しました」

 より完璧なコピーをするため、動画などで日々研究を重ねたというところが、ちょっと東大生らしい。同好会の目標は、「東大生にハロプロの魅力を広めること」。山下さんは言う。

「私たちが人気者になりたい、カワイイと言われたい、というのではないんです。東大生に、ハロプロっていいねと思ってもらいたいだけで。そこが他の団体とは一番違うと思いますね」

 といっても、じゅうぶん人気者っぽいが。

 ハロプロの世界に誘う、疑似体験ユニットなのだ。

週刊朝日  2014年12月19日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい