相続税対象者が激増 自宅を売らない方法とは

遺産相続

2014/12/09 07:00

 2015年1月1日以降、相続税の非課税枠が大幅に縮小されることで、相続税を負担する人が都市部を中心に増大する。税理士法人レガシィの調べでは、路線価が12万5千~30万円の地域で、新たに相続税が発生する。税理士法人レガシィ代表の天野隆さんが言う。

あわせて読みたい

  • 不動産の相続税対策 評価額が最大8割減になる特例も

    不動産の相続税対策 評価額が最大8割減になる特例も

    週刊朝日

    12/1

    相続税を減らすには「配偶者への自宅の贈与」がおすすめ

    相続税を減らすには「配偶者への自宅の贈与」がおすすめ

    週刊朝日

    2/16

  • 申告漏れ、バレたらどうなる? 相続税のQ&A!

    申告漏れ、バレたらどうなる? 相続税のQ&A!

    週刊朝日

    12/22

    「不動産」で相続税対策 リフォームだけで節税効果も

    「不動産」で相続税対策 リフォームだけで節税効果も

    週刊朝日

    12/15

  • 完全分離型の2世帯住宅が人気 その理由は高い「相続」の節税効果

    完全分離型の2世帯住宅が人気 その理由は高い「相続」の節税効果

    週刊朝日

    10/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す