早産治療薬「日本でも使用中止を」専門家が警告 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

早産治療薬「日本でも使用中止を」専門家が警告

このエントリーをはてなブックマークに追加

「切迫早産」の状態で、早産を抑える薬が使われているが、その薬に重篤な副作用があることが指摘されている。商品名を「ウテメリン」というが、なぜ、その薬が妊婦に使われているのだろうか。

*  *  *
 そもそも、妊娠は40週が満期で、妊娠22週以降37週未満の間に出産してしまうことを早産という。出産の高年齢化が進み、それに伴うようにして早産、いわゆる低体重児出産が増えている。1年間に生まれる赤ちゃんの人数は約100万人。そのうち、2500グラム未満の低体重児は約10万人で、およそ10人に1人になる。生まれる赤ちゃんの数が減る中にあって、低体重児の出生数はさまざまな要因により増加傾向にあるという状況だ。

 小さく生まれると、長期間、新生児集中治療室での治療が必要になり、また、小さく生まれた赤ちゃんほど、後で重篤な障害が出る可能性が高くなる。そのため、早産一歩手前の切迫早産の状態でも、なるべく妊娠を継続するために入院による安静が推奨されている。

 安静に加えて選択されることが多いのが、早産治療薬である子宮収縮抑制剤「塩酸リトドリン」だ。この薬は、28年前から国内で保険適用になっている。キッセイ薬品から発売されている「ウテメリン」のほか、ジェネリック薬(後発医薬品)も現在11社から出ている。内服薬と点滴薬があり、内服薬は、外来などで処方され、数時間ごとに飲む。点滴薬は、入院して長期間投与される。キッセイ薬品によると、年間推定5万人に投与され、産科で広く使われている薬という。

 名古屋大学名誉教授(産婦人科)の水谷栄彦医師は、こう説明する。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい