認知症の人への声掛けを当たり前に “3千人模擬訓練”も実施する街とは

介護を考える

2014/11/13 07:00

 焼けるような日差しが照りつける2年前の真夏。76歳の女性が、自宅に帰れず道に迷っていた。何度も同じ道を行ったり来たりする姿を見て、おかしいと気づいた中学生の少女が話しかけた。

あわせて読みたい

  • 約1万6千人が認知症で行方不明 家族だけで探すのが危険なワケ

    約1万6千人が認知症で行方不明 家族だけで探すのが危険なワケ

    週刊朝日

    9/28

    「認知症を支える街」が全国に増加 54の自治体が保険による救済制度導入

    「認知症を支える街」が全国に増加 54の自治体が保険による救済制度導入

    週刊朝日

    11/6

  • 民間・自治体で広がる認知症“予防サービス”と“保険”

    民間・自治体で広がる認知症“予防サービス”と“保険”

    週刊朝日

    6/14

    先入観がないのも利点 「警察犬」が迷子の年寄り探しに力発揮

    先入観がないのも利点 「警察犬」が迷子の年寄り探しに力発揮

    週刊朝日

    4/29

  • 高速「逆走」は7割が高齢ドライバー 「車での徘徊」も日常茶飯事

    高速「逆走」は7割が高齢ドライバー 「車での徘徊」も日常茶飯事

    週刊朝日

    12/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す