大阪府警の失態をスパイが告白 売買見逃した拳銃3丁がまだ野放し状態 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大阪府警の失態をスパイが告白 売買見逃した拳銃3丁がまだ野放し状態

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャーナリスト・今西憲之,本誌・小泉耕平週刊朝日
A被告を逮捕した奈良県警本部。大阪府警の「S」と知っていたのか (c)朝日新聞社 

A被告を逮捕した奈良県警本部。大阪府警の「S」と知っていたのか (c)朝日新聞社 

<(奈良地検の検事は)Bさんも呼び出して事情聞いたところ、「総て事実だった」と私の所に結果報告しに来て安心してたのに「それでも違法に所持していたのは免れない」として起訴されました>

 B刑事を聴取したのかなどについて奈良地検に事実関係を確認したが、次席検事が「公判への影響が懸念されるためお答えは差し控えます」と、回答を拒んだ。

 逮捕から半年が経つ今もA被告の初公判は開かれていない。

<こんな目にあうくらいなら(中略)ホテルの時に職質をかけて現行犯逮捕しておいて欲しかったです。捜査方針の誤りにより本来逮捕されるべき暴力団関係者を見逃して協力者が犠牲になるという本末転倒の結果もそうですが、それ以上に私が心配するのは3丁のけん銃がどこかに消えてしまった事実です。今後犯罪に使われる可能性を考えると自責の念で一杯です>

(ジャーナリスト・今西憲之、本誌・小泉耕平)

週刊朝日  2014年11月14日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい