【美意識ある生活】日本のしつこい湿気から茶葉を守る 「開化堂 ブリキ製茶筒」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【美意識ある生活】日本のしつこい湿気から茶葉を守る 「開化堂 ブリキ製茶筒」

このエントリーをはてなブックマークに追加
国を超え、茶を愛する人々からその価値を認められた茶筒蓋がすっと閉まり、力を入れずに開けられるのは、繊細な手仕事でミクロン単位の調整をしているから。ブリキの茶筒は40年ほど使いこむと、一番奥のような色と風合いに。変化を愛でつつ、道具を育てる楽しみがある。日本茶だけでなく、紅茶・コーヒー・中国茶にも。湿気を嫌う食品を守る(一番奥は40年ほど使ったブリキの茶筒・非売品)

国を超え、茶を愛する人々からその価値を認められた茶筒
蓋がすっと閉まり、力を入れずに開けられるのは、繊細な手仕事でミクロン単位の調整をしているから。ブリキの茶筒は40年ほど使いこむと、一番奥のような色と風合いに。変化を愛でつつ、道具を育てる楽しみがある。日本茶だけでなく、紅茶・コーヒー・中国茶にも。湿気を嫌う食品を守る(一番奥は40年ほど使ったブリキの茶筒・非売品)

すっと閉まる蓋

すっと閉まる蓋

手前は銅製平型(筆者私物)

手前は銅製平型(筆者私物)

 週刊朝日で好評連載中の「美意識ある生活」。生活品評論家の東海左由留(とうかい・さゆる)さんが厳選したひと品を紹介している。東海さんは日本とヨーロッパで「生活をより豊かに」をテーマに様々なアイテムやサービス、ライフスタイルを取材。自腹で購入し、時間をかけて使用感を検証している。

 今回は、開化堂 ブリキ製茶筒を紹介する。

【美意識ある生活 他の逸品はこちら】

*  *  *
■日本のしつこい湿気から茶葉を守る

 毎朝、ていねいに淹れた緑茶を飲むのが習慣。新茶の季節が終わり、しつこい湿気の季節が到来すると茶葉の香りと色の劣化が早い。少しでもおいしさを長持ちさせるために愛用するのが、京都・開化堂の茶筒だ。

 蓋と胴の継ぎ目の線を合わせて蓋を軽く押すと、すうっと音もなく蓋が自然に沈み込んで、ぴちっと閉まる。職人の手仕事による、高い気密性を保つ精密な道具とわかる瞬間だ。

 開化堂の茶筒では銅製が人気。筆者も最初の三つは銅製にしたが、今回はクールな印象のブリキ製を購入。型と素材と容量の違う茶筒を揃えるのは、茶葉の種類ごとに使いわけたいから。

 ブリキは明治8年創業の同社の原点の素材。初代が英国から輸入されたブリキを最初に採用したのだとか。そして今年、同社の茶筒は、芸術とデザインを専門とするロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館の永久所蔵品となった。紅茶の国が認めた、京都発の日々の道具。


<今日の逸品>
開化堂 ブリキ製茶筒
ブリキ100g 1万円(税別)
平型200g 1万2000円(税別)
長型200g 1万2000円(税別)
問い合わせ先:開化堂

※開化堂 ブリキ製茶筒を購入する

週刊朝日 2014年7月25日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい