ドラマ評論家「芦田愛菜は子役でいるには今がギリギリ」

週刊朝日#ドラマ
 ドラマ評論家の成馬零一氏が先日スペシャル版の放送された『マルモのおきて』について、こう論じる。

* * *

 2011年にフジテレビ系で放送された『マルモのおきて』は、文具メーカーに勤める30代独身男性の高木護(阿部サダヲ)がふとしたきっかけから、薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)という双子の子どもと、喋る犬のムックと暮らすことになるコメディタッチのホームドラマだ。

 この9月28日に、3年ぶりの続編となる『マルモのおきてスペシャル2014』が放送された。薫と友樹は10歳になり、護にはマレーシアへの海外赴任の話が持ち上がる。海外赴任をきっかけに、護は1年後に2人を実の母親(鶴田真由)の元に帰そうと思う。そして、残り少ない時間で最後の思い出をつくろうとして、アイドルになりたい薫をタレント養成学校へ通わせ、好きな女の子ができた友樹のために、一緒にラブレターの文面とプレゼントを考える。しかし物事は中々うまくいかず、3人の気持ちはすれ違ってしまう……。

 連ドラ当時は大ヒットした『JIN−仁−』の完結編(TBS系)と同じ放送枠だったこともあり、地味なスタートだった。だが徐々に視聴率を伸ばして、最終話では平均視聴率23.9%(関東地区)を獲得。同年10月に続編のスペシャルドラマが放送された。

 ヒット要因については、東日本大震災直後だったためにハートウォーミングな物語が受けたとか、芦田愛菜と鈴木福が歌う主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」が子どもに受けたこと等が語られたが、何より独身男性にとっての“ファンタジーとしての子育て”を描いたところが画期的だった。

 僕は一人暮らしをする30代独身男性だったので、護の立場からドラマを見ていたのだが、自分から遠い世界の出来事に見えることで、逆に「子どもがいたら楽しいかも」と思えた。もちろん、突然、子どもを育てる立場になったらどれだけ大変か頭ではわかっているが、子育ての苦しさよりも楽しさを中心に描いたからこそ、多くの人に受け入れられたのだろう。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック