iPS技術で躍進する“認知症新薬”最新事情

2014/10/09 07:00

 発症のメカニズムがいまだに明らかになっていないこともあり、開発がうまく進まない認知症の根本治療薬。この難問に答えが出れば、新薬開発は大きく前進する。近年、それを可能にすると期待される技術が登場した。日本発の「iPS細胞」だ。

あわせて読みたい

  • iPS10歳、浮上してきた新たな問題

    iPS10歳、浮上してきた新たな問題

    AERA

    11/28

    実用化には最低5、6年 iPS細胞の臨床試験の実態

    実用化には最低5、6年 iPS細胞の臨床試験の実態

    週刊朝日

    2/22

  • 強制的にやらされる脳トレで「うつ症状」に 家族が良かれと思う記憶力低下対策が逆効果

    強制的にやらされる脳トレで「うつ症状」に 家族が良かれと思う記憶力低下対策が逆効果

    dot.

    9/22

    ALS、アルツハイマーも根治? iPS細胞が持つ「難病治療」の可能性

    ALS、アルツハイマーも根治? iPS細胞が持つ「難病治療」の可能性

    週刊朝日

    2/20

  • 認知症が「治る」!? 世界中が注目する “新薬”とは?

    認知症が「治る」!? 世界中が注目する “新薬”とは?

    週刊朝日

    7/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す