80代認知症女性 突然現れた“親類”に預金使われ、自宅も借金のカタに

介護を考える

2014/09/12 07:00

 認知症の高齢者本人に代わって財産管理をしたり行政手続きを担ったりするのが「成年後見制度」だ。暮らしの見守りに加え、葬式・納骨までを請け負う民間サービスも登場している。自分や親の将来に備え、今から知っておきたい。

あわせて読みたい

  • “認知症マネー”の3つのリスク 後見人と家族の思いがずれる場合

    “認知症マネー”の3つのリスク 後見人と家族の思いがずれる場合

    週刊朝日

    10/1

    増加する認知高齢者トラブル 詐欺・使い込みから身を守るのに活用すべき制度

    増加する認知高齢者トラブル 詐欺・使い込みから身を守るのに活用すべき制度

    dot.

    8/28

  • 成年後見制度の落とし穴 遺産相続狙いで制度悪用する新手の「認知症喰い」も

    成年後見制度の落とし穴 遺産相続狙いで制度悪用する新手の「認知症喰い」も

    週刊朝日

    9/5

    年24万円の支出に、本人の意思叶わず…成年後見制度で後悔した理由

    年24万円の支出に、本人の意思叶わず…成年後見制度で後悔した理由

    週刊朝日

    3/12

  • 遺言書だけじゃない 身内を困らせない“死後の手続き”への準備

    遺言書だけじゃない 身内を困らせない“死後の手続き”への準備

    週刊朝日

    1/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す