剛力彩芽「意地悪な役が意外と評判がよくて(笑)」

週刊朝日
 10歳のころから芸能事務所に入り、芸歴12年の剛力彩芽。オフの過ごし方について、作家・林真理子さんとの対談で明かした。

*  *  *
林:いまはものすごく忙しいんでしょうけど、こんなふうにスターになる前は、普通に遊びに行ったりしていたんですか。

剛力:はい。でも、いまもそんなに変わってなくて、普通にお買い物したりしています。

林:でも、目立つでしょう?

剛力:いえ、私、横浜が地元なんですが、地元にいても声をかけられることは少ないです。

林:こんなにかわいい方がいたら目立ちそうですけど、「なんだか似てる人がいるな」という感じなのかな。モデルさんをされていたくらいですから、やっぱりお洋服が大好きなんですか。

剛力:大好きです。幼稚園のころから、自分で選んだものしか着ないという子でした。

林:お母様もおしゃれな方?

剛力:洋服は好きですね。好みが似てるので、一緒に買い物に行きます。どんどん洋服が増えていって大変です。

林:どんなお洋服が好きなんですか? シンプルなものがお好きな印象がありますけど。

剛力:かわいらしいのはちょっと苦手で、私服はモノトーン系が多いんです。「ADEAM(アディアム)」とか「LIMIfeu(リミフゥ)」とか、好きですね。

林:お友達と遊びに行ったりすることなんてありますか?

剛力:高校のときの親友と遊びに行くことはあります。「明日旅行に行かない?」と突然連絡しても、「いいよ」と言ってくれる子なんです。私は友達がたくさんいるタイプではなくて、限られた友達と遊ぶほうなんです。

林:それにしても、まだ22歳なのに、ドラマに映画にとすごいですね。元気な役柄が多い印象ですが、今後は大人っぽい役にも挑戦されたりとか?

剛力:はい。これまでは気が強くて元気な女の子の役が多かったので、徐々に女性らしい役もやってみたいです。それから、意地悪な役が意外と評判がよくて(笑)。またやってみたいですね。

週刊朝日  2014年9月12日号より抜粋

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック