美輪明宏が紅白で「トリは絶対に困ります」と言った訳 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

美輪明宏が紅白で「トリは絶対に困ります」と言った訳

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

(※イメージ)

(※イメージ)

 一昨年のNHK紅白歌合戦で「ヨイトマケの唄」を歌い、話題をさらった歌手の美輪明宏さん。作家・林真理子さんとの対談でその舞台裏を明かした。

*  *  *
林:美輪さんのコンサートには、若い女性がとても多いですね。おじさんおばさんが、ノスタルジックに昔を懐かしむのではなくて、若い子が発見をしに来るんですね。

美輪:20代30代が圧倒的に多くて、下は高校生ですからね。若い方々は、求めているんですよね。

林:一昨年の紅白歌合戦で、美輪さんが「ヨイトマケの唄」を歌ったら、若い人はみんな大騒ぎしましたけど、私のようにしょっちゅう美輪さんの舞台を見にいっている者は……。

美輪:林さんが週刊誌のエッセーにお書きになったの、拝見しましたよ。ありがとうございます。

林:いえ、とんでもないです。でも昔からのファンの私でさえ、やっぱりすごいと思って、これは世間が騒ぐだろうなと思いました。

美輪:歌の邪魔になるものはすべて排除したかったので、打ち合わせでは「装置はいりません、スポットライトが2本あればけっこうです」とお伝えしたんです。衣装は黒のセーターとズボン、カメラ割りも3カットぐらいの使い回しでとお願いして、それから、「トリは絶対困ります」と言いました。

林:どうしてですか。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい