「元気ではないけど、生きています」自殺直前、行方不明になっていた笹井氏のメール

STAP細胞

2014/08/14 11:30

 STAP細胞論文の主要著者の一人で、衝撃的な自殺を遂げた理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の笹井芳樹副センター長の遺族が8月12日、弁護士を通じ、「あまりに突然の出来事を受け入れることができないでおります。この半年があまりに長く、私どもも疲れ切っております。今は絶望しか見えません」とのコメントを発表した。

あわせて読みたい

  • 理研・笹井氏自殺 気に病んでいた「笹井ビル」の行方

    理研・笹井氏自殺 気に病んでいた「笹井ビル」の行方

    週刊朝日

    8/15

    理研改革委員長「決断できなかった野依理事長の責任は重い」

    理研改革委員長「決断できなかった野依理事長の責任は重い」

    週刊朝日

    8/14

  • STAP細胞のキーマンがついに登場 共同執筆者は何を語るのか

    STAP細胞のキーマンがついに登場 共同執筆者は何を語るのか

    週刊朝日

    4/16

    小保方さん絶体絶命 笹井氏更迭に大ショック

    小保方さん絶体絶命 笹井氏更迭に大ショック

    週刊朝日

    6/18

  • 小保方さんまさかの大逆転!? 笹井副センター長の冷徹と未練

    小保方さんまさかの大逆転!? 笹井副センター長の冷徹と未練

    週刊朝日

    4/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す