財政赤字が続くのは「実力以上に強い円のせい」? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

財政赤字が続くのは「実力以上に強い円のせい」?

連載「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本とドイツの財政状況は雲泥の差だ (c)朝日新聞社 

日本とドイツの財政状況は雲泥の差だ (c)朝日新聞社 

 ところでドイツは来年にも財政均衡を実現し、赤字国債の発行を46年ぶりに停止する見通しとなったそうだ。日本とは雲泥の差だ。世の中にはこういう国もある。「赤字垂れ流し」がグローバルスタンダードだと思ってはいけないのだ。

 7月3日付の日本経済新聞の記事「ドイツ、来年に財政均衡」では、「ドイツは欧州のなかで経済力で突出するだけでなく、財政でも健全さが際立つ。景気回復も財政再建も遅れがちな南欧との格差が改めて鮮明になる」と解説している。

 考えさせられる記事だ。ドイツの景気が良いのは、ひとえに「ユーロがドイツの実力に比べて弱いから」だと私は思っている。輸出企業などが儲けるので、景気がいいから財政赤字もない。一方、南欧の国々の経済が弱いのは、「ユーロが南欧の実力に比べて強すぎるから」だ。

 日本が20年間も名目GDP(国内総生産)が伸びず、低迷し、世界ダントツの財政赤字をためたのは、日本の実力以上に強い円のせいだ。一方、1980年に1人民元は150円だったのに、現在は16円程度。中国経済が強い理由もよくわかる。自国の実力に比べて通貨が弱いせいだ。

 どうしてこんな自明なことを日本は理解できなかったのだろう? 残念至極。日本には1600兆円を超える個人金融資産のうちの大部分が国内に滞留している。税制改革などで資金が海外に環流する仕組みさえ作れば円安・ドル高となり、日本経済は躍進し、財政出動も必要なくなると、私は思っている。

週刊朝日  2014年8月15日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

藤巻健史

藤巻健史(ふじまき・たけし)/1950年、東京都生まれ。モルガン銀行東京支店長などを務めた。主な著書に「吹けば飛ぶよな日本経済」(朝日新聞出版)、新著「日銀破綻」(幻冬舎)も発売中

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい