馬も大型スクリーンに釘づけ? モンゴルの夏の祭典「ナーダム」とは

週刊朝日#夏休み

ゴビ砂漠というが、まばらに草は生えている。羊や... (07:00)週刊朝日

ゴビ砂漠というが、まばらに草は生えている。羊や... (07:00)週刊朝日
 作家の司馬遼太郎が少年のころからあこがれ、ずっとひいきにしていた国、モンゴル。近代化も進んでいるが、いまも民族の基本に「遊牧」があった。

 モンゴルの夏の祭典、ナーダム。競馬のゴールライン付近には、多くの人々がつめかける。

<少年少女が騎手になり、無数の馬が、三、四十キロのコースを一気に駈けるのである>(『草原の記』)

 息子や娘、愛馬を見ようと、ゴール地点は押し合い状態だった。中継の大型スクリーンの前で携帯電話をいじっていると、

「ドコモですね!」

 と、話しかけられた。

「東京外大に留学していました。もっとニッポン、頑張って。中国に負けないで」

 と、励まされた。昔から日本びいきが多い国でもある。

 そのうちますます混んできた。老若男女が詰めかけ、肩や背中にごつごつ当たる。さらにものすごい力で押され、腹が立って振り向くと、人ではなく馬の大群。馬に乗って見物中の「遊牧の後裔」たちだった。

週刊朝日  2014年8月15日号

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック