馬も大型スクリーンに釘づけ? モンゴルの夏の祭典「ナーダム」とは

夏休み

2014/08/11 07:00

 作家の司馬遼太郎が少年のころからあこがれ、ずっとひいきにしていた国、モンゴル。近代化も進んでいるが、いまも民族の基本に「遊牧」があった。

あわせて読みたい

  • モンゴルから肉まんを空輸 新入幕「逸ノ城」の遊牧民パワー

    モンゴルから肉まんを空輸 新入幕「逸ノ城」の遊牧民パワー

    週刊朝日

    10/2

    写真家・山内悠が追い求めたモンゴルの「楽園」

    写真家・山内悠が追い求めたモンゴルの「楽園」

    dot.

    9/5

  • 【岩合光昭】牧羊犬ならぬ“牧羊猫”!? モンゴルの草原にて
    筆者の顔写真

    岩合光昭

    【岩合光昭】牧羊犬ならぬ“牧羊猫”!? モンゴルの草原にて

    週刊朝日

    9/29

    モンゴル人留学生たちが築く、新しい外国人コミュニティーのかたちとは?

    モンゴル人留学生たちが築く、新しい外国人コミュニティーのかたちとは?

    dot.

    5/12

  • セロトニンだけじゃない! 太陽のパワーを医師・帯津先生が解説
    筆者の顔写真

    帯津良一

    セロトニンだけじゃない! 太陽のパワーを医師・帯津先生が解説

    週刊朝日

    2/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す