安藤美姫が子育てに関して言った“深い言葉”とは?

 2013年12月に現役を引退したアイススケーターの安藤美姫さん。作家・林真理子さんと対談した。

*  *  *
林:いま、いちばん楽しいのは、やっぱりお嬢さんと過ごしているときですか?

安藤:仕事もすごく楽しいです。最初は娘と離れたくなくて、練習していても心細かったんですが、いまは娘もリンクの上の私の姿をちゃんと認識できているんです。アイスショーに連れていっても、指をさして「ママ!」と叫んでるみたいなんです。

林:まあ、かわいい。

安藤:スケートをやっててよかったなって思いますね。一緒にいる時間が短くて、たまに悩んだりもするんですけど、愛情をきちんと伝えていれば、子どもってお母さんと思ってくれるんだなと……。

林:私もそう思ってたんだけど、今は娘から「私が風邪のとき出かけてた」とか「『本読んで』って言ったら『眠いんだよ』って言われて、それで本が嫌いになった」とか言われてますよ。あんなに愛情をかけて育てたのに何なのって思いますよ。

安藤:それはお嬢さんが林さんを信頼してるから言えるんだと思うんです。何かわだかまりがあったら、そんなこと言えませんから。自分の気持ちを母親にも伝えられない子ってほんとに多いと思うので、お嬢さんがそうおっしゃるのは幸せなことだと私は思います。

林:深いお言葉ですね。安藤さんに教えられちゃった。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック