女性器3Dデータ事件 「ろくでなし子」が警察の“ウソ”を激白 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

女性器3Dデータ事件 「ろくでなし子」が警察の“ウソ”を激白

大川恵実週刊朝日
『デコまん アソコ整形漫画家が奇妙なアートを作った理由』ろくでなし子 ぶんか社

『デコまん アソコ整形漫画家が奇妙なアートを作った理由』ろくでなし子 ぶんか社

「どうしても外と連絡を取りたかった私は、看守に『とにかく弁護士さんを呼んでください』とお願いしました。それでも、『呼んでも来ないかもしれない』などと言われました。何回もお願いして来てくれたのが、その日の当番弁護士だった須見健矢弁護士です」

 須見弁護士と接見して初めて、科捜研がわいせつかどうか判断できるわけがないことや、当番弁護士は日弁連の「刑事被疑者弁護援助」を利用すれば弁護士費用がかからないこと、当番弁護士が呼ばれて来ないことはあり得ないということなどがわかった。

 逮捕から6日後、弁護団が申し立てた「勾留に対する準抗告」が認められて、ろくでなし子さんはようやく釈放された。

「警察は、とにかく私を孤独にしたかったんだと思います。弁護士さんがいなければ、私が悪いと認めていたかもしれない」今後は、不起訴に向けて、弁護団と闘っていく。(本誌・大川恵実)

週刊朝日  2014年8月8日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい