シニア女性「おひとりさま限定ツアー」がブーム

 一人旅をする勇気がない。気兼ねなく、一人でも参加できるツアー旅行はないだろうか──。そんな気持ちに応えた「おひとり様参加限定ツアー」がシニアを中心に今、ブームになっているという。記者も“一人旅”を初体験し、人気の秘密を探った。

 記者が同行したのは、朝日旅行の1泊2日の旅「業平寺(なりひらでら)の三弦説法と勇壮『鞍馬竹伐(くらまたけき)り会(え)』」。初夏の京都で、六歌仙(ろっかせん)の一人在原業平(ありわらのなりひら)ゆかりの寺や、鞍馬寺などを巡る女性限定の歴史探訪ツアーだ。清水寺や金閣寺など「定番」をあえてはずし、比較的珍しい寺を巡るという歴史好きに人気の旅路だ。

 午前9時すぎ。集合場所には数人の女性がすでに到着していた。添乗員の石山恭子さんによると、今回は60~70代の10人が参加するという。自分の母親より先輩のみなさんと一緒の旅ということで、さらに緊張感が増した。みな、お互い警戒してか、会話はない。私も、人見知りのため会釈をするにとどめた。

 東京から京都へは新幹線で約2時間。記者の席の隣は、取材とのことで特別に同行してくれた旅行会社の方。後ろでは、参加メンバーがそれぞれ隣り合って座っていた。

「助け合っていきましょうね。よろしくお願いします」

「去年一人旅をしたときは若い方が多くて……」

 おそらく、この旅初めての会話が聞こえてきた。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック