プロゴルファー丸山氏も出場 「緑の甲子園」ってなんだ? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

プロゴルファー丸山氏も出場 「緑の甲子園」ってなんだ?

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
「緑の甲子園」も高校野球ぐらい注目されたらなあ~ (c)朝日新聞社 

「緑の甲子園」も高校野球ぐらい注目されたらなあ~ (c)朝日新聞社 

 日本って人口の割に、競技スポーツを選ぶ際の選択肢が本当に多いと思うんです。誤解を恐れずに言うと、多すぎる。いろんなスポーツに人材が分散してしまって、スーパースターが出にくくなってるんです。これはもう、ゴルフだけの話じゃありません。

 例えばヨーロッパだと、基本的に野球って選択肢に入ってきませんよね。これはもう当たり前の話で、競技人口という分母が大きいほど、強い選手が出てくるに決まってますからね。アメリカにもたくさんのスポーツがありますけど、人口が日本の2.5倍いますから。それにもともと体のサイズが違いすぎますから。

 ウチの一人息子の奨王(ショーン・14)はロサンゼルスで暮らしてますけど、日本人の中では決して小さくはないのに、向こうの人には「成長が年齢に追いついてないんじゃないか」なんて言われちゃいますから。本人はそれが結構コンプレックスだったりね。

 ジャンボさんに、よく言われましたよ。「お前たちみたいな小粒なヤツらに、俺が負けるわけがない」「俺は野球で甲子園行ってるんだ。体力が違う」って。もう「ごもっともです」と言うしかなかったですね。あれだけ強かったから。それに英樹を見てくださいよ。「久々にスケールの大きなのが出てきたな」と思ったら、もう米PGAツアーで勝って、次は海外メジャーをいつ勝つかと言われてる。そういうもんなんですよ。

 いろんなスポーツに分散していくのをとどめて、「虎の穴」みたいにして育成したら、日本からでもすごい選手が出てきますよ。それがゴルフでやれたら最高なんですけどねー。

週刊朝日  2014年8月1日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい