劇場版も進行中? フジは救世主「HERO」に浮かれ気味 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

劇場版も進行中? フジは救世主「HERO」に浮かれ気味

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#ドラマ

 今期、最初に笑ったのはフジテレビだった。

「関係者の間では視聴率20%取れれば万歳だと言われていた中、26.5%(関東地区)取ったので、不振続きの中に救世主が現れた、と局内は浮かれていますよ」(フジ関係者)

 13年ぶりに復活した木村拓哉主演の「HERO」が、今期ドラマトップの初回視聴率で好調な滑り出しとなったのだ(7月17日現在)。

「『HERO』は、本当は4月クールでの放送を目指して動いていましたが、キャスティングの調整がとにかく難航したようです。今回、レギュラーにならなかった元キャストも、どこかで出る仕掛けを狙っています」(ドラマ関係者)

 コンビを組む検察事務官役が、前作の松たか子から北川景子に代わるなど、放送前は主要キャスト交代に不安の声もあったが、さすが月9。さりげなく松が演じていた雨宮の存在をにおわせるセリフが出たり、亡くなった児玉清さん(前作では次席検事役)が、役柄上も亡くなったという設定で写真で登場するなど、前作のファン心理もきちんとおさえている。

 テレビコラムの連載を持つライターの吉田潮氏も、予想以上の視聴率だったと言いつつ、まずまずの評価。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい