陸に上がると「陸酔い」? 海上に暮らす猫 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

陸に上がると「陸酔い」? 海上に暮らす猫

このエントリーをはてなブックマークに追加

 動物写真家の岩合光昭さんの、日本全国47都道府県の猫たちを訪ねる旅。今回は、山口県笠戸島沖のいかだ猫です。

*  *  *
 海上に暮らす猫がいる。

 チーちゃん(右、推定16歳)と娘のドラミちゃん(同13歳)は、トラフグやヒラメを養殖する30メートル四方のいけすの上のいかだにすんでいる。生まれてから大半を海の上で過ごしてきた。普段、波に揺られているせいか、陸に上がると、船酔いならぬ「陸酔い」になることも。

 ここにいるのは、ワケがある。下松(くだまつ)市栽培漁業センターの“職員”として、魚を鳥から守る重役を担う。仲良し母娘は、時折海の向こうをじっと見つめながら、いかだから魚を見守る。

【関連リンク】
デジタル岩合 http://www.digitaliwago.com/

週刊朝日  2014年5月9‐16日合併号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい