気配はすれど、姿は見えず… 滋賀県の忍者猫

 動物写真家の岩合光昭さんの、日本全国47都道府県の猫たちを訪ねる旅。今回は、滋賀県沖島の忍者猫です。

*  *  *
 気配を感じるのに、姿は見当たらない。じっと見ていると、ひょこっと顔を出す。

 かくれんぼでもしているかのように、どこかを窺い、そっと顔を出す。身を隠しているのは猫たちの、「地下鉄」こと排水溝だ。水は流れておらず、猫一匹がようやく通れるほどの広さ。ところどころにあるフタの隙間から顔を出したかと思いきや、「忍法隠れ身の術」とばかりに、姿を消す。生き抜いていくためには警戒心も必要なのだ。目をこらして、道を歩いていると、忍者猫に出会えるかも。

【関連リンク】
デジタル岩合 http://www.digitaliwago.com/

週刊朝日  2014年7月25日号

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック