子どもの病気ではない? 加齢で進行する「斜視」の治療法

週刊朝日
 東京都在住の主婦、森明子さん(仮名・48歳)は、20歳ごろから、鏡を見ると右目の黒目が外側にずれていることがあった。たまのことで意識すれば戻せるので心配はしていなかった。30歳を過ぎると、人から「どこを見ているの?」と聞かれることがあったが、子育てが忙しくそのままにしていた。

 その後、黒目のずれを指摘されることが次第に増え、眼が疲れやすく読書も楽しめなくなった。40歳代後半になると、老眼もはじまり、眼の疲れはさらにひどくなった。鏡を見ると右目は外側を向いたままで、自力で眼を戻しにくくなっていることに気づいた。

 眼の疲れと外見の悩みが深くなった森さんは、近所の眼科を受診。検査の結果、「間欠性外斜視」と診断され、帝京大学病院の眼科を紹介された。

 斜視とは、ものを見たときに片目は正面を向いていても、もう一方の眼が別の方向に向く状態をいう。

 眼球には6本の筋肉がついていて、神経の指令で眼球の向きを上、下、内、外や斜め方向に変えたり、回転させたりしている。神経や筋肉に異常が生じると眼が内側、外側にずれる「内斜視」「外斜視」、上方、下方にずれる「上斜視」「下斜視」が起こる。

 間欠性外斜視は、ときどき外斜視になるというもので、大人の斜視の中でも、その割合は多い。子どものころから斜視の症状があると、脳が自然と見える像を矯正しているため視界には異常がない。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック