手あかのついた筋書きに痛々しい俳優 批評家が酷評したドラマとは? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

手あかのついた筋書きに痛々しい俳優 批評家が酷評したドラマとは?

週刊朝日#ドラマ

 宮部みゆき原作の「ペテロの葬列」(TBS系、月曜)の主演は、元首相の父に人気議員の弟と、家柄の良さやクリーンなイメージは芸能界最高峰の小泉孝太郎。「毒にも薬にもならない」(テレビコラムの連載を持つライターの吉田潮氏)と、評価は手厳しい。ただ、バスジャック事件をきっかけに展開するミステリーで、ストーリーは引き付けるものがあるという。

 往年の二枚目俳優が満を持して主演を飾った作品も苦戦している。

 陣内孝則主演の深夜ドラマ「獣医さん、事件ですよ」(日本テレビ系、木曜)は、

「“寅さん”風味で、毎回患者に恋をする、というのは手あかがつきすぎている。それに輪をかけて今の陣内がやるとどうにも痛々しくて」(吉田氏)

 柳葉敏郎が15年ぶりに地上波連ドラ主演を飾る「あすなろ三三七拍子」(フジテレビ系、火曜)も、初回視聴率は低空飛行。剛力彩芽や演技派の風間俊介、反町隆史も出演する。

「反町は『俺、まだ現役』と言わんばかりに腹筋を見せていましたけど」(同)

 起爆剤にはならなかったようだ。かつて高視聴率をマークした元祖GTOも、今回は貢献できず、か。

週刊朝日 2014年8月1日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい