介護に必要なのは適度な「ホラ話」?

 これまで妻の母親を介護してきたお笑い芸人の島田洋七氏。漫才師として活躍していた島田氏は、その経験が介護にも役立ったという。

*  *  *
 この年になって改めて思うのは、良い嘘と悪い嘘があるということ。

 最近のバラエティー番組を見ていると、笑い声を足している番組がたくさんある。俺らの漫才ブームの頃は、ありがたいことに笑い声を足すということはなかったから、必死になって目の前のお客さんを笑かそうとしていた。でも、今はすぐに笑い声を足してしまうから、芸人が鍛えられる機会がなくなってしまった。面白くもないのに笑い声を足す――そういう嘘はいかんと思う。

 どんなことでも、嘘をついてやっていたら苦しくなるだけだ。「介護しなくちゃ」という思いで自分に嘘をついたり、誰かに見えを張ってええかっこしいして介護をやっていたら、長続きしない。

 見えを張るなというのは、ばあちゃんの教えでもある。

 ばあちゃんの料理には、よく“伊勢海老”が使われていた。ザリガニのことを「伊勢海老」と言って俺に食べさせていたのである。そのことを本に書くと、同級生から意外な反響があった。

「うちでもザリガニを食べてたけど、貧乏くさくて今まで言えんかった。子供に向かって『お父さんは小さい頃ザリガニを食べてたんだぞ』なんて話すのは恥ずかしくて。でも、貧乏話をしても別に構わないんやね」

 俺が子供の頃は、世の中の大半の人が貧乏だった。俺らはザリガニだって食べていたし、子供が何人か集まると、皆おなかが減っていたから柿を盗みに行っていた。大人になったからといって、見えを張って隠す必要などないのである。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック